和風庭園の紹介
洋風庭園の紹介
植木管理
エクステリアのご紹介
トップページへ
和風庭園の紹介
洋風庭園の紹介
植木管理
植木販売
エクステリアのご紹介



和風庭園(坪庭・リガーデンなどのご相談も承ります。)

 和風庭園の特色

 

何気ない自然の風景に“侘び寂びの趣”を表現し、
四季折々の季節の移りかわりを楽しめるのが日本庭園です。

自然石を使った 飛石や庭石、灯篭など石を使った演出や、
竹垣などを使用した純和風庭園から、
若いご家族向けにモダンな雰囲気の和風庭園など、
ひとくちで和風庭園といっても様々です。

狭いお庭でもお好みでイメージチェンジしやすい
坪庭”という形のリガーデンのご要望も増えてきております。

 



 和風庭園の演出

 

■壁泉(段)  和のウォーターガーデン
壁泉(段)  和のウォーターガーデン
洋のイメージがある壁泉ですが、このようにモダンな和テイストにアレンジすることも可能です。
水の流れ落ちる音が軽やかに響き、夏には涼を、静かな冬には自然の息吹をそっと演出します。

■ぐるりと散歩できる純和風庭園
ぐるりと散歩できる純和風庭園
スペースを広く使って造ったお庭は、ゆったりと落ち着いた雰囲気をかもしだします。
お庭を散歩しながら、いろんな角度での楽しみを発見することができるでしょう。

■飛び石
飛び石
雨や湿気の多い日本ならではの、足元に泥が跳ねないように・・・という
気遣いが感じられるお庭になります。
 

■水鉢・蹲(つくばい)
水鉢・蹲(つくばい)
元来、茶庭の中にあり身を清めるための水を使用することから始まったもので、現在では装飾の一部として和風庭園に取り入れます。

■植木の剪定・刈り込み
植木の剪定・刈り込み
庭を造る際には、
剪定を考えながら造ります。
木は生き物なので、生長をします。上手に剪定し、樹形を保ちながら庭の全体のデザインをコントロールします。
なるべく木にダメージを与えないよう、気をつけて剪定や刈り込みを行います。

■石燈篭・竹垣
石燈篭・竹垣
石燈篭は、庭の照明器具として使われていたものが現在では装飾のひとつとなっています。
竹垣は 、敷地境界に沿った囲いや、他人の侵入を防いだり、外部からの目隠しなどの役割があります。どちらも和風庭園の風情の演出効果“大”です。

 

 和風庭園にオススメの草木

 

■マツ
マツ(松)
山のアカマツ、海のクロマツ、永遠の濃い緑に根強い人気があります。
 

■マキ
マキ(槇)
手をかけて自分流に仕立てる和にも洋にも万能な庭木です。

■モミジ
モミジ(紅葉)
かわいい葉が四季折々に変化します。樹形の美しさも楽しめます。

ウメ(梅)
ウメ
香のある花も美しく、初夏に収穫する果実は
幅広く利用できます。

ツツジ(躑躅)
ツツジ
多彩な花色で庭を彩り、刈り込み樹形が和のイメージを作ります。

サルスベリ(百日紅)
サルスベリ
紅または白色の花が美しく咲き、必要以上に大きくなりません。

オタフクナンテン(お多福ナンテン)
オタフクナンテン
丸い葉がふっくらと茂り、鮮やかな緑や赤が特徴的な常緑低木です。

キンモクセイ(金木犀)
キンモクセイ
秋になると小さいオレンジ色の花を無数に咲かせます。

ヤマボウシ(山法師、山帽子)
ヤマボウシ
落葉高木。花・果実・紅葉と3回楽しめるので、庭木にも最適です。

シマトリネコ(タイワンシオジ)
シマトネリコ
花期は5〜6月頃で大きな花序に小さい花を多数つけます。

ツバキ(椿)
ツバキ
照葉樹林の代表的な樹木。冬から春にかけて花を咲かせます。


 施工料金

 

施工内容

料金

植木の植え替え(高さ1.0m程度)

3,000円ご相談ください。

 坪庭               (1.0uあたり)

20,000円ご相談ください。

庭園創作          (1.0uあたり)

10,000円〜ご相談ください。

植木の手入れ・管理

5,000円〜ご相談ください。

殺虫・殺菌剤散布

3,000円〜ご相談ください。

施肥料

1,000円〜ご相談ください。

駐車場工事

80,000円〜ご相談ください。

外柵工事

3,000円〜ご相談ください。

防草マサ土舗装  (1.0uあたり)

10,000円〜ご相談ください。

※施工前のお庭の状態や、植木の種類・サイズ、使用する材料等で料金は異なります。
 長崎県内であれば、無料にてご相談・お見積もりを承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

※施工後の管理や枯れ保障については、下記をご覧ください。

※諸費用を含まないのでご注意ください


 

 枯補償について

 

植栽工事は良心的施工に基づき万全を期しておりますが、万一に新植樹木の枯損については新植後1年間は枯補償により植え替えいたします。

 ※新植とは、弊社よりお買い上げいただいた樹木を植栽する場合を言います。
  移植のみの場合は枯補償の対象外となります。


但し、次の場合は
枯補償を適用いたしかねますことを予めご了承願います。

 1.所有者の維持管理不行届きにより枯損じた場合
 2.利用者または第三者により踏圧等、人為的な事由により枯損じた場合
 3.火災・落雷・台風・水害等の影響により枯損じた場合


尚、異常気象による干ばつ等の影響によって枯損じた場合は施主および請負業者双方の協議の上対処いたします。


和風庭園の施工例はこちら>>